ショッピングカート

  前向けなくても前向こうという気持ちは忘れないよ

  できたことできなかったこと記録

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  嬉しかった オジサマありがとう

父は子どもの頃、親の仕事が忙しくて家に居なかったので、父にとって母方の叔父叔母夫婦に育てられたらしい
お互いの家は徒歩30秒なので、学校から帰ってきてから、そこにいて寝る時家に帰るって生活だったらしいけど

今日、父の育ての親である父の叔父(皆にオジサマと呼ばれている)に15年ぶりにあった
法要にオジサマが来てくれて、休憩時間に父と二人でオジサマの家に行った
オジサマの描いた絵、すごかった
独学らしいんだけど、濃淡や色使いがプロっぽかった(ってそんなに絵しらんけどね)
阿修羅が良かった

オジサマは、あたしの住んでる家の外観やら、周りの風景やら具体的に覚えててくれて(23年前の話なんだけどね・・・)、いろいろ話した
あたしの顔見ただけで「あんた、昔喘息でよう病院行っとった子か?」って、あたしが祖母の家に行くたびに喘息出して夜中に病院行ってた事も覚えててびっくり・・・
昔は無口であんまり喋ってくれなかったけど、今日はいろいろ喋ってくれた


ずっと気になってた
オジサマ
父の叔父、つまり祖母の妹の旦那さん?
小さい時可愛がってもらった記憶がある
伯父や伯母より印象が残っている

父に「お父さんは、あの人(オジサマ)に育ててもらったんだ」って聞かされていたんだけど、祖母の家に入り浸っていたオジサマがいつの頃からか来なくなった
父や祖母がおじさまと連絡をとっている気配がなかった
オジサマとオジサマの息子(父の従弟)は生活保護を受けているらしいけど、何か手を貸すとかもない
父にオジサマの話をするとすごく機嫌が悪くなる
時々酔っ払って「あそことは縁を切ったもんで・・・」とか言うけど、具体的に話してくれた事はない
この間の祖母の葬儀の時もオジサマは香典を置いてすぐ帰ったらしい(来ている事に気づかなかった)


今日の法要のあと、家に帰ってから父からオジサマの話をしてきた

オジサマの奥さん(父の叔母で祖母の妹)は16年前に亡くなった
そこから、しばらくしてオジサマは祖母の親戚達から追放されてしまったらしい
オジサマは婿養子なんだけど、それがストレスで、祖母の実家のお金を使い果たしたり(それで破産してしまったみたい)、息子を置いて女の人といなくなっちゃったり、いろいろあったんだって
で、祖母の実家っていうのは大正時代には親のない子を何人か預かったり奉公先を手配したりと、結構、地区を仕切る様な家だったらしい
それを継いだオジサマが祖母世代からしたら破天荒な事をしたから追放されてしまったんだって
父は、祖母の手前、オジサマと連絡を取ることはできなかったらしい

そういう背景を知らなかったので、あたしはずっと、「お父さんは育ての親がお金に困ってるていうのになんで声すらかけないの?なんで縁切ったの一言で済ませるんだろう・・・オジサマの息子も病気なのに・・・ほっといていいのかな・・・心配にならないのかな・・・なんか薄情だな」って思ってた
けど、父も父なりにいろいろ悩んでたらしい

今日がきっかけになってオジサマと父が昔みたいに話せれて良かった
あたしもオジサマに会えてよかった
オジサマが健在で良かった
オジサマの息子も家に居たけど、こんにちはって言ったら逃げられちゃった・・・それはちょっと残念だけどね

でも、父が親を大事にする人で良かったって思った
オジサマがニコニコしてて、その笑顔に涙が出そうだった
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maako.blog4.fc2.com/tb.php/1124-b7996d3d

 | HOME | 

 Profile

書いてる人:まぁこ

書いてる人:まぁこ

ひきこもりADD(2次障害つき)が少しずつ社会復帰目指そうの会

自分の事病気だなんておもいたくなんかないよーだヽ|・ω・|ノ

 Categories

 Monthly

 Pr

 Blog People↓

 Comments↓

 Trackbacks↓

 Entries↓

 meromero

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。